不動産投資について

 

今回は不動産投資について。

進和不動産では売買仲介だけではなく、収益物件も扱っており、

そのコンサルティングもしております。

 

突然ですが、質問です。

あなたは“不動産投資”についてどんなイメージ・考えを持っていますか?

おそらく、「お金持ちがするもの」あるいは、

「リスクが高すぎるからできない・・・」と思っているのでは?

 

残念ながら勘違いをしています。

では、そんなあなたは、まずは「不動産投資」についての理解を深めましょう!

そもそも「不動産投資」とは何なのか?

それは、マンションなどの不動産の物件を購入し、

購入した物件を他人に賃貸したり、売却することによって収益を得る投資です。

バブル期における不動産投資では、購入した不動産の値上がり後に

売却して利益を得る、つまり売却利益(キャピタルゲイン)を

期待する投資でした。しかし現在は、購入したマンションなど不動産を

賃貸して得られる家賃収入、つまり運用利益(インカムゲイン)を期待する

不動産投資が主流となっています。

 

バブル期にしても、現在にしてもリスクがあることに変わりありません。

それなのに、不動産投資が今もなお注目されるのはなぜなのか。

 

それは、長引くデフレ不況やペイオフ解禁、高齢化社会への

急速な移行の中で、アテに出来ない年金制度、定年退職後の

長いセカンドライフなど、将来に対する不安が募るばかりだからです。

この厳しい低金利時代で、不動産投資は高利回りが期待でき、

サラリーマンの方にも無理なく始められる資産運用と言えます。

とはいえ、不動産投資に限らず、資産運用は自己責任が原則です。

特に、長期の投資は現状では予想出来ない不確実要素があります。

ですから、不動産投資を始める前には、「様々な不確実なこと」を想定し、

将来、ダメージを受けたとしても、受け入れられるものを自分で選択し、

納得することが重要になります。

つまり、メリット・デメリットをきちんと理解することが大切です。

では不動産投資のメリットとは何なのか。

次回、不動産投資の魅力についてお話します。

コメントは受け付けていません。